木のねのこころ

益子の里からお届けします

手から生まれる、
手から伝える

一日のはじまりの朝ごはん。
のんびり過ごす昼ごはん。
話の弾む夜ごはん。

木のねは、お料理を作る人やごはんを食べる人の笑顔を想像しながら
器づくりをしています。

土選び、成形技法、釉薬に工夫を凝らしながら生み出しています。
この小さな器たちが心豊かな時間のはじまりの合図となりますことを
心から願っております。